社内インフラの技術

技術力を高めることで、快適な社内インフラを作る

ユーザ用ツール

サイト用ツール


system:mail:exchange:index.html


メールサーバの比較、おすすめ

Exchange Online

概要

  • Office365のメール機能
  • Office365の契約により、50GBか100GBの容量になる。
  • 利用するには、PCにインストールして使うOutlookかブラウザーでOWA(Outlook Web App)を使う。

よい点

  • ADのアカウントで配布グループ(メーリングリスト)も管理しているので、人が退職したら、登録してあるメーリングリストからも削除される

注意点

  • メールを受信させたいメールアカウントには、ライセンスが必要
    例:顧客サポート用メールアカウントを作りブラウザーで閲覧したい。
  • 配布グループ(メーリングリスト)のナンバリングができない。

Exchange OnlineとオンプレのExchangeの比較


用語

配布グループ メーリングリストのこと
各個人のメールアドレスへメールを転送するためのアドレス
受信したメールはとしては保持されず、各ユーザーのメールボックスに転送されます
共有メールボックス 複数ユーザーで共有して利用できるメールボックス
受信だけではなく、メールの送受信ができる。
共有メールボックスを作成しても、ユーザアカウント数は消費しない。
例えば、サポート部門が1つの共有メールボックスで送受信ができます
課の共有メールボックス、部の共有メールボックス、会社の共有メールボックスなどを作ります。
容量制限は、ライセンスに関わらず50GB
OWA 「Outlook Web App」の略
OutlookのWebメール
階層型アドレス帳 A部の下に、A課, B課などのようなアドレス帳
Exchange ActiveSync モバイル デバイスとメール、連絡先、カレンダー、リマインダー、メモを同期させるプロトコル
メールヒント 宛先メール に表示される警告や情報。
例:「受信者30名 」
「最大サイズを超えている」
トランスポートルール 送受信されるメールに対しての設定
例: 外部に送る時には承認されたドメインでないといけない
DLP (Data Loss Prevention) 情報漏洩を防止する設定
インプレースアーカイブ 組織におけるアーカイブ専用のメールボックス
EOP (Exchange Online Protection
EAC (Exchange 管理センター) Webベース。 Exchangeの80%の機能を操作可能
EMS (Exchange 管理シェル) コマンドベース。Exchange の全ての機能を利用可能

標準セキュリティ機能

Office 365 に標準装備されている電子メールの誤送信防止機能 5 点 – ビジネスプロダクティビティ製品チーム

メールヒント
遅延送信
トランスポートルール ・組織外へのメールを禁止する
・組織外へメールをする時は上司の承認を得るようにする
データ損失保護 (DLP)





メールサーバの比較、おすすめ


system/mail/exchange/index.html.txt · 最終更新: 2018/06/10 23:00 by kurihara

ページ用ツール