社内インフラの技術

技術力を高めることで、快適な社内インフラを作る

ユーザ用ツール

サイト用ツール


client:vdi:index.html


「Top#仮想デスクトップ(VDI)」に戻る

仮想デスクトップ(VDI)の比較、おすすめ

仮想デスクトップ(VDI)とは

  • VDI(Virtual Desktop Infrastructure)
  • サーバー上に各個人ごとの仮想のデスクトップ環境を作り、クライアント端末から利用する方法
  • VDIはシンクライアントの実装方式の1つ


VDIを利用する場面

  • リモートから接続しても、同じ環境で使える。
  • RDSだと、パワー不足になってしまう。
  • インターネット分離のために使われる。


VDIの特徴

プラス評価
  • サーバ上にデータがあるので、サーバのHDDはRAID構成であるためHDDが故障しても大丈夫
マイナス評価
  • RDSやファットPCと比較して、コストが高い。全て
  • DaaDだと、インターネット回線で接続するためレイテンシーにより遅い。


VDI製品

Microsoft VDI

導入企業

  • Hyper-vとRDSで実現
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

https://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/ctc-g3.aspx

Windows Server 2012 R2 の仮想デスクトップ インフラストラクチャである MS-VDI を導入し、スマートフォンやタブレットなどのモバイル環境を含めた「いつでも、どこからでもアクセスできる、同一のデスクトップ環境」を実現。さらに、大災害時における BCP 基盤の整備や IT 運用コストのトータルな削減など、多くの重要課題の克服に向けて取り組みを続けています。
ストレージにはNetApp
関東DCと関西DCで、Hyper-V レプリカ
当社のデータセンターは関東と関西にありますが、もし関東が災害などで使用不能になった場合でも、主要システムを関西側に切り替えることが可能です。MS-VDI に移行することは、BCP を実効あるものにするうえで大きな意義があると考えています


VMware Horizon View

  • ハイパーバイザーにVMware vSphereを利用する。


Citrix XenDesktop


DaaS(Desktop as a Service)

Amazon WorkSpaces

https://aws.amazon.com/jp/workspaces/

スペック ルートボリューム ユーザーボリューム 月額料金
1 個の vCPU、2 GiB のメモリ 80 GB 50 GB 38 USD
2 個の vCPU、7.5 GiB のメモリ 80 GB 50 GB 43 USD
2 個の vCPU、7.5 GiB のメモリ 80 GB 50 GB 75 USD
4 個の vCPU、16 GiB のメモリ 80 GB 50 GB 111 USD


VMware Horizon Cloud

IIJ GIO仮想デスクトップサービス

https://www.iij.ad.jp/biz/desktop/




関連





「Top#仮想デスクトップ(VDI)」に戻る


client/vdi/index.html.txt · 最終更新: 2018/06/30 22:13 by kurihara

ページ用ツール